腰痛がある人は足元に注意

人は若いときの感覚で、ついつい駅のホームの段差や階段での凸凹な状態でがあっても簡単にこなせると勘違いして、思わず転んだりで、怪我などをすることがあります。

自分はまだ若いと勘違いすることも多く、体と心の年齢に大きくギャップを感じる人も多いかもしれません、まあ、簡単な怪我ならまだしも、常に腰痛を抱えている人の場合は、特に足元に注意をして転んだり、滑ったりすることに注意しなければいけません。

ぎっくり腰、骨粗しょう症、変形性腰痛など腰に疾患をもった方は、室内、室外を問わず、注意することが大事です、では実際にどのようなことに注意することが大事でしょうか。

雨や雪の日は出来るだけ外出を控える、当然に風の強い日は特に注意です、しかしどうしても外出しなくてはいけない場合は、滑りにくい靴など、足元をしっかり充実することや、しっかりとした雨具などを用意し、足元に充分注意すること。

人ごみはもなるべく避けて、潮手いる道や時間帯を選ぶ、手すりがあるところは出来るだけ使うなど、しっかり足元とその時の気象条件を鑑みることが大事になりますね。