借金の時効援用でミスしないための条件とは

借金を時効援用するうえで正しい条件をしっていないと手続きをしてもミスしかねません。

長期間借金を返済していない場合、時効が成立して借金返済が不要になるということもあります。

このような効果を得るためには「時効援用」しなければなりません。

時効援用に失敗しないようにするためには、自分の勝手な覚えではなく時効が確かに成立しているかどうか確かめる必要があります。

時効が成立していないのに時効援用してしまうと、債権者から反論されてしまうからです。

消費者金融、クレジットカード等の借金の時効期間は5年ですが、公庫や信用金庫等10年です。

時効援用については消滅時効の援用でローン借金ゼロ!が詳しいですね。

次に失敗に気をつけることは「個人信用情報」の登録内容を使って借金の最終返済日を調べるということです。

この中には申込み履歴や返済,滞納等のことが書かれていて、おおよその最終返済日もわかるようになっています。

時効が成立していると思っても成立していないということがあります。

それは時効期間の進行中に債権者から裁判を起こされてしまったときに発生します。

こうなると時効は中断となり、判決が確定した日から10年の時効期間の経過が始まるからです。